FXのお金と心構え

FXは、投資取引を目的とした金融商品ですので、投資をするための資金が必要になります。投資資金の最低通貨の設定は取引業者によってまちまちですが、およそ1万通貨単か1千通貨単位となります。
通貨単位とは、その通貨が1万という意味になります。その値段はレートによって変わります。例えば、米ドル/円(USD/JPY)で取り引きをすると、1万通貨単位の場合にはレートが1円上下に動くと1万円の損益が出で、1千通貨単位の場合には1円で1千円の損益になります。
為替レートの動きは、よほどの経済トピックや極端に動きやすい通貨でない限りは、比較的に穏やかに変動します。先の米ドル/円の場合を例にしますと、一日でおおよそ0.5から2円程度の値動きになります。
ここから考えてみると、一回の取り引きに必要であろう最低金額は、1万通貨単位ならば2~3万円、1千通貨単位なら2~3千円あたりになりそうです。
ここから先は取引回数にもよりますが、FXの初心者が投資を始めるとなると、少なくとも10~20万円程度の初期資金を用意しておいた方がいいのかもしれません。大事な資金ですので、大切に使っていきましょう。

一つの目安として、初期資金の10分1の損失が出た場合は、投資取引を一度中止することをお勧めします。まずは冷静さを取り戻し、おそらくは予測ミス、判断ミスをしていますので、レートやチャートの分析をやり直した方がいいでしょう。
慣れないうちは、ゆっくりと落ち着いて投資をしていくことが大切です。特に、予測が当たったからといって浮ついていては、その背後に隠れている大きな損失を見逃すことになるかもしれません。
数分単位で投資を繰り返すスキャルピングトレード、日ごとの区切りで行うデイトレード、数日から数か月間にわたって行うスイングトレードやスワップトレードなど、投資のスタイルは様々にありますが、本格的にFXで投資取引をするのであれば、10倍以上の資金が必要になってきます。
初めの頃は小さな額で投資を繰り返して行い、その投資の流れに慣れたり、数を踏んで経験を積んだりなどしていくのが良いでしょう。また、他の投資家が書いているブログなども参考になります。特にある程度の経験を積んだ後では、どんな状況になっていたのかという想像がつくので、非常に参考になります。
小さな額でも大きな額でも、レートを見てチャートを読み、分析をして予測を立てて行くことには変わりはありません。ここでしっかりと成功できれば、金額を上げていったとしても同じように成功する可能性は大いにあります。
ただし、大きな額を投資するということは、それだけ損失の可能性も膨らむということになります。少額の投資取引のころから、小さいからといって心に油断を持たないようにして、しっかりとリスクマネジメントをしながら、損切り、ロスカットを行っていくようにしていきましょう。
とはいえ、高額な取引は緊張感がとても高いものです。大きな金額の投資取引で、メンタルが弱ってきたように感じたのなら、時には小さな額に戻し、初心に帰って取り引きをしてみるのもいいかもしれません。

また、FXにはレバレッジという仕組みがあります。取引業者に預けた証拠金をもとに信用取引を行うのですが、これを使うと少ない金額でも、その何十倍もの投資を行うことができより大きい利益をつかむことが出来るのです。しかし、得られる利益が大きい分、万が一の場合は巨大な損失を負ってしまうこともあります。
レバレッジも投資金額と同じく、最初は小さな倍率で使っていき、少しずつ大きくしていく方がよいでしょう。また、これも同じくになりますが、効果が大きな分、しっかりと損切りを頭に入れて使用していくことが必要で、こうしたリスクへの徹底した管理が、やがて大きな利益をもたらしてくれるのです。
 

約定力に絶対の自信をもつXEMarkets

リクオートなし、注文拒否なし、隠れたコストもなし、そして全注文100%執行という目標を掲げているXEMarketsは、それを常に実現するために、企業として常に努力を惜しみません。そしてXEMarketsのこれまでの約定実績は、脅威の99.35%を誇っています。これは他の業者には、真似のできないたかい約定率です。なによりTrading PointからXEMarketsにリニューアルしたことが、常に進化を続けている証とも言えます。他の業者に比較して、若干スプレッドが広いという印象もありますが、この高い約定力があれば、それも許容範囲といえるでしょう。そしてXEMarketsでは、スキャルピングも認められているのも、嬉しいことです。

>>詳細

XEMarketsは、情報公開も完璧

XEMarketsは、情報公開をとても重要視しており、ウェブサイト上でも、経営者のプロフィールを始め、会社の経営状態などがすべて知ることができるようになっています。コンプライアンス管理に力を入れているということは、信頼度が高い業者であると言えるでしょう。 またユーザーが、あらゆる情報を簡単に手に入れることができるように、いろいろな手法を使っています。経済指標カレンダー以外にも、フェイスブックやツイッターといった話題のSNSやYoutubeなどを利用して、最新情報を常に発信しています。手軽に最新情報を手にすることができるのは、情報で勝負する投資家にとっては、とても重要なことになります。投資家が真に必要としてる情報を提供してくれるのがXEMarketsなのです。