メタトレ利用価値が高いiForex

素早い口座開設が魅力のiforex

最近話題になっているアイフォレックスの、最大の特徴は、口座開設がスピーディーにできることでしょう。手元にクレジットカードさえあれば、すぐに口座を開設できます。本当に手軽に取り引きを始めることができるのがiforexです。

しかしこのことで注意が必要なのは、出金時には、他の業者と同じように身分証明書の提示などが必要になることです。これはある意味当然のことと言えます。つまり身分証明などの手続きを、口座開設時に行うのか、それとも出金時に行うのかの違いになるのですが、これは意外と重要なポイントになります。通常、投資を始めようと思って手続きを始めても、身分証明書のコピーを郵送したり、写真をメールで送付したりと、実際に取り引きを始めるまでには、1日~5日はかかります。しかしiforexならば、先に取り引きを始めてから、ゆっくりと手続きを行えば良いのです。タイミングが大切なFXでは、これは意外とメリットになります。スプレッドやサーバーの安定度などは、海外業者としては標準的な水準ですから、安心して取り引きができる業者と言えるでしょう。

日本では老舗的存在のiforex

日本国内でFXが人気になる前の1996年から営業をしている老舗的存在なのがiforexです。レバレッジは最大400倍まで、そして入金ボーナスが用意されていることも、人気の理由になっています。

そして海外FX業者の中でも、最も充実した情報公開を日本語で行なっています。日本語サイトには、とても詳しい情報を掲載すると共に、初心者でも分かりやすいように、取り引きシステムの操作ガイドも用意されています。日本語対応の良さでも、トップクラスの業者です。

文献: XE市場.com

iforexの良いところ

iforexのスプレッドはドル/円で1銭からに設定されています。またロスカット率15%は、業界最高水準を誇っています。用意してある取り引き通貨ペアは22種類と豊富で、マイナーな通貨の取り扱いもあります。

そして初心者向けには、無料でFXセミナーを開催しており、FXにたいする質問や疑問を解決してくれます。また各種テクニカルチャートもしっかりと用意されれいます。

そして実際の取り引きは、24時間リアルタイムで行うことができます。スマートフォンや携帯電話などのモバイル機器にも、しっかりと対応しています。いつでもどこでも、自分のペースで取り引きを行うことができます。

そしてiforexトレーディングという、デモ口座も無料で用意されていますので、事前のテストやチェックもしっかりと行えます。さらに楽天銀行(旧 イーバンク銀行)のクイック入金サービスにも対応しているのは、便利なところです。iForexは、FXと海外バイナリーオプションと両方の領域で一目置かれた存在です。
 

約定力に絶対の自信をもつXEMarkets

リクオートなし、注文拒否なし、隠れたコストもなし、そして全注文100%執行という目標を掲げているXEMarketsは、それを常に実現するために、企業として常に努力を惜しみません。そしてXEMarketsのこれまでの約定実績は、脅威の99.35%を誇っています。これは他の業者には、真似のできないたかい約定率です。なによりTrading PointからXEMarketsにリニューアルしたことが、常に進化を続けている証とも言えます。他の業者に比較して、若干スプレッドが広いという印象もありますが、この高い約定力があれば、それも許容範囲といえるでしょう。そしてXEMarketsでは、スキャルピングも認められているのも、嬉しいことです。

>>詳細

XEMarketsは、情報公開も完璧

XEMarketsは、情報公開をとても重要視しており、ウェブサイト上でも、経営者のプロフィールを始め、会社の経営状態などがすべて知ることができるようになっています。コンプライアンス管理に力を入れているということは、信頼度が高い業者であると言えるでしょう。 またユーザーが、あらゆる情報を簡単に手に入れることができるように、いろいろな手法を使っています。経済指標カレンダー以外にも、フェイスブックやツイッターといった話題のSNSやYoutubeなどを利用して、最新情報を常に発信しています。手軽に最新情報を手にすることができるのは、情報で勝負する投資家にとっては、とても重要なことになります。投資家が真に必要としてる情報を提供してくれるのがXEMarketsなのです。